48301376767_bf1a0ec0a2_z

オールスターも終わり、MLBは夏の一大イベントトレード期限を迎えます。今季からトレード期限が7月に一本化された事で、各チームが慎重に動いていることもあるのか例年以上に動きはゆっくりだと言えます。そこで今回は今年のトレードデッドラインの各トレードについて簡潔に紹介していきたいと思います。

 

729

フィリーズ獲得:ジェイソン・バルガス(LHPMLB)

メッツ獲得:オースティン・ボサート(CAA)

 

フィリーズの目的
バルガスは4月こそ防御率5.75で不調でしたが、5月以降は防御率3.53でシンダーガード、ウィーラー、マッツより良い数字をマーク。一方フィリーズはエースのノラが復調しましたが、ローテに入っているエフリンとベラスケスが直近6試合でそれぞれ防御率10.465.00と苦しんでいました。その意味で計算が立つバルガスの獲得はプラスに働くでしょう。メッツが獲得したボサートの今季の成績はOPS.638で盗塁阻止率は35%。フィリーズは正捕手JT・リアルミュートとの契約延長も十分ありそうなので、その場合は活躍の機会が限定されるマイナー上層の捕手を使ったトレードは良い選択だと思います。

 

メッツの目的
バルガスの来年のオプションのバイアウトが$2Mであり、こちらはフィリーズが負担します。週末に加入したマーカス・ストローマンは来年の年俸が上昇するはずで、今回浮いたお金をストローマンに回す事を想定した動きだと思います。

 

ブルワーズ獲得:ジョーダン・ライルズ(RHPMLB)

パイレーツ獲得:コディ・ポンス(RHPAA)

 

ブルワーズの目的

ブルワーズはローテを支えてきたブランドン・ウッドラフやヨーリス・チャシーンが相次いで故障者リストに入り、先発投手が必要な状況でした。ライルズは今季先発した初めの8試合の防御率1.89に対し、その後の9試合の防御率は9.57とジキルとハイドの気分を味わうシーズンとなっています。ただしその期間のBABIP.400と滅多にお目にかかれないような数字であり、開幕時までとは行かなくともある程度の復調は期待できるはずです。

 

パイレーツの目的

獲得したポンスは今季FIP2.58K% 27.5%と三振を奪えるリリーフ投手であり、近い将来MLBでその姿が見られる可能性は十分あるでしょう。アンドリュー・マッカッチェンを放出して獲得したカイル・クリックのようにライルズで将来のブルペンの層を厚くできる選手を獲得できたと考えれば、決して悪くないトレードでしょう。

Photo BY Ian D'Andrea