MLBの読み物

MLB(メジャーリーグ)の少しマニアックな情報を発信するサイトです。

2019年10月

24706228686_568576e670_c

2019105日、ヒューストン・アストロズのゲリット・コールはタンパベイ・レイズ戦で誰もが驚くような投球をやってのけた。8回途中まで投げて、15三振、1四球とまさに圧巻のピッチングだった。今回の記事では歴史的な快投だったコールの投球を様々な記録と結びつけて見ていきたいと思う。

 

33回の空振り

これはピッチトラッキングの記録が残る2008年以降では、史上最高の記録になる。これまでの記録は2010年にティム・リンスカム(SF)がマークした31回である。さらに驚くべき点は、レギュラーシーズンの成績でもコールより多く空振りを奪った投手はダニー・ダフィー(KC)とクレイトン・カーショウ(LAD)だけという事だろう。

1試合で奪った空振りの数についてはこのリンクから見る事が出来る。

 

15三振

コールはプレーオフの試合で、15以上の三振を奪ったアストロズの選手になった。彼以前のアストロズのチーム記録は、1986年のNLCSマイク・スコットがマークした14三振である。スコットはその日がプレーオフ初登板であり、そのシリーズではMVPに輝いた。

 

③プレーオフで12以上の三振を奪った回数

昨日の好投により、コールはプレーオフで12以上の三振を複数回奪った選手の仲間入りを果たした。そのリストには、トム・シーバージム・パルマーボブ・ギブソンが含まれている。コールの同僚でもあるジャスティン・バーランダーも1回記録しているので、近いうちにこのリストに加わる可能性もある。

 

④プレーオフでの空振り三振の数

コールが奪った15の三振のうち14回は空振りによるものだった。これは2008年以降のプレーオフの試合では最多である。これまでの記録は2015NLDSでジェイコブ・デグロム(NYM)が樹立した13であった。

 

⑤プレーオフでの三振記録

プレーオフの試合で15より多くの三振を奪ったのは、1968年のボブ・ギブソンの171998年のケビン・ブラウン16だけである。つまり15三振は歴代3位になる。

 

100マイル以上で三振を奪った回数

コールは7回にチェ・ジマンから100マイルの4シームで三振を奪っている。彼がプレーオフで、100マイル以上のボールで三振を奪うのは2回目になる。これで記録が残る2008年以降ではノア・シンダーガード(NYM)に並んだ。

 

8回以降に99マイルを記録した先発投手

コールは8回に99マイル以上のボールを5球投げた。これにより、99マイル以上を8回以降も投げた9人目の投手になった(2008年以降)。ちなみにこれはレギュラーシーズンも含めての記録であるから、より希少性が際立つ。

 

⑧4シームの平均球速

コールが60球投げた4シームの平均球速は97.9マイル(157.6キロ)だった。これはキャリア通算197試合目にして3番目の速さだった。ちなみに史上最速は、76日のエンゼルス戦の98.1マイル(157.9キロ)である。

 

10試合連続二桁三振

コールはシーズン最後の9試合で二桁三振を記録して、昨日も15個の三振を奪っている。これで10試合連続二桁三振になるが、もちろん歴代1位である。過去最高は8試合連続のクリス・セール(BOS)ペドロ・マルティネスである。

 

⑩四球の数

コールは15三振を奪う一方で、四球を与えたのは1回だけ。四球を1個以下に抑えながら、奪った三振数15は歴代2位に該当する。1位は⑤の項目でも名前の出たボブ・ギブソンで17の三振を奪いながら四死球は1個に抑えた。

 

改めて様々な記録を見るとその凄さがよく分かる。今のコールならばこれらの記録のさらなる更新にも期待したいと思う。

 

参考:https://www.mlb.com/news/gerrit-cole-15-strikeouts-alds

Photo BY: Jon Dawson

42617223434_da1c20e82f_c

ヤンキースに所属しているアーロン・ジャッジは2016年と2017年で別人に生まれ変わりました。

2016年にデビューしたジャッジは驚異の三振率44%を記録するなど、打撃の粗さが大きな課題となっていました。
 

しかしジャッジは2017年に52HRを記録して、新人王になりMVP投票でも2位に入りました。彼が進化した背景にはいくつか理由がありました。その中でもあまり知られていないエピソードを紹介したいと思います。

 

実はジャッジの成長には代理人が同じベテラン選手の存在があったようです。それはオリオールズやレイズで活躍したルーク・スコットです。

 

まずはルーク・スコットのキャリアを振り返ってみましょう。1978年生まれの現在39歳で、2005年にアストロズでMLBデビューを飾りました。2008年にオリオールズに移籍後は、3年連続で20HR以上を記録しています。2013年を最後にMLBの舞台から遠ざかっており、現在はFAです。

 

スコットとジャッジは、ジャッジが2013年にドラフトで指名された時に初めて会ったそうですが、しばらくは特に連絡を取っていなかったそうです。しかし2016年のシーズン後に、スコットがMLBで苦戦したジャッジに連絡を入れたことがジャッジを大きく助けることになりました。

 

スコットのメッセージは「俺は打撃のエッセンスを持っている。これは君の人生を変えるはずで、君とシェアしたい。だから少し時間を取ってほしい。」でした。

 

ジャッジはスコットを個人的に師と仰いでいて、2人は現在も非常に良好な関係を築いています。「彼は興味深い男だね。彼にあのビデオを見せてもらうまでは、打撃に関して知らないことがあったから。」とジャッジは語っています。

 

ジャッジがバリー・ボンズやミゲル・カブレラの打撃について勉強したことは知られていましたが、その裏にはスコットの存在があったのです。

スコットは自身の打席でのメカニクスを分析している時にトップ選手には共通することがあることに気づいたそうです。

 

それは、彼らの打席での身体の動かし方とそしてバットに当てるまでにエネルギーを浪費しないということです。スコット曰くエリート選手はみんなこれをやっていて、それが一貫できているそうです。

 

スコットはそれをジャッジとシェアしたいと思い、彼にメッセージを送りました。その後彼はジャッジに、このエリート選手たちの打席での動きを共有して、どのように使うかを説いたそうです。

 

その後のジャッジの成功は言わずもがなです。2017年はア・リーグ1位のHR52を記録して、OPSはエンゼルスのマイク・トラウトに次いで2位四球と三振はリーグ首位でした。この活躍にはもちろんスコットも喜んでいます。

 

スコットは、ジャッジの活躍を牢獄から宮殿に引っ越したと面白い例えで彼の活躍を称えています。NYは野球のメッカであり、責め立てられることも多い。しかし彼はとても謙虚な男だから、これからも上手くいくはずだとスコットはジャッジにエールを送っています。

 

ジャッジはメークアップが優れていると評判ですが、彼の謙虚な姿勢があったからこそスコットも打撃のエッセンスを共有しようと思ったのでしょう。ジャッジの謙虚な性格はかつてのヤンキースのスターデレク・ジーターを思い起こさせるところがあります。彼ならば、厳しいニューヨーカーからも愛される選手として長く活躍できるはずです。

 

参考:https://www.newsday.com/sports/columnists/david-lennon/luke-scott-part-of-secret-of-aaron-judge-s-success-1.17307550

Photo BY: KA Sports Photos

 

↑このページのトップヘ