42617223434_da1c20e82f_c

ヤンキースに所属しているアーロン・ジャッジは2016年と2017年で別人に生まれ変わりました。

2016年にデビューしたジャッジは驚異の三振率44%を記録するなど、打撃の粗さが大きな課題となっていました。
 

しかしジャッジは2017年に52HRを記録して、新人王になりMVP投票でも2位に入りました。彼が進化した背景にはいくつか理由がありました。その中でもあまり知られていないエピソードを紹介したいと思います。

 

実はジャッジの成長には代理人が同じベテラン選手の存在があったようです。それはオリオールズやレイズで活躍したルーク・スコットです。

 

まずはルーク・スコットのキャリアを振り返ってみましょう。1978年生まれの現在39歳で、2005年にアストロズでMLBデビューを飾りました。2008年にオリオールズに移籍後は、3年連続で20HR以上を記録しています。2013年を最後にMLBの舞台から遠ざかっており、現在はFAです。

 

スコットとジャッジは、ジャッジが2013年にドラフトで指名された時に初めて会ったそうですが、しばらくは特に連絡を取っていなかったそうです。しかし2016年のシーズン後に、スコットがMLBで苦戦したジャッジに連絡を入れたことがジャッジを大きく助けることになりました。

 

スコットのメッセージは「俺は打撃のエッセンスを持っている。これは君の人生を変えるはずで、君とシェアしたい。だから少し時間を取ってほしい。」でした。

 

ジャッジはスコットを個人的に師と仰いでいて、2人は現在も非常に良好な関係を築いています。「彼は興味深い男だね。彼にあのビデオを見せてもらうまでは、打撃に関して知らないことがあったから。」とジャッジは語っています。

 

ジャッジがバリー・ボンズやミゲル・カブレラの打撃について勉強したことは知られていましたが、その裏にはスコットの存在があったのです。

スコットは自身の打席でのメカニクスを分析している時にトップ選手には共通することがあることに気づいたそうです。

 

それは、彼らの打席での身体の動かし方とそしてバットに当てるまでにエネルギーを浪費しないということです。スコット曰くエリート選手はみんなこれをやっていて、それが一貫できているそうです。

 

スコットはそれをジャッジとシェアしたいと思い、彼にメッセージを送りました。その後彼はジャッジに、このエリート選手たちの打席での動きを共有して、どのように使うかを説いたそうです。

 

その後のジャッジの成功は言わずもがなです。2017年はア・リーグ1位のHR52を記録して、OPSはエンゼルスのマイク・トラウトに次いで2位四球と三振はリーグ首位でした。この活躍にはもちろんスコットも喜んでいます。

 

スコットは、ジャッジの活躍を牢獄から宮殿に引っ越したと面白い例えで彼の活躍を称えています。NYは野球のメッカであり、責め立てられることも多い。しかし彼はとても謙虚な男だから、これからも上手くいくはずだとスコットはジャッジにエールを送っています。

 

ジャッジはメークアップが優れていると評判ですが、彼の謙虚な姿勢があったからこそスコットも打撃のエッセンスを共有しようと思ったのでしょう。ジャッジの謙虚な性格はかつてのヤンキースのスターデレク・ジーターを思い起こさせるところがあります。彼ならば、厳しいニューヨーカーからも愛される選手として長く活躍できるはずです。

 

参考:https://www.newsday.com/sports/columnists/david-lennon/luke-scott-part-of-secret-of-aaron-judge-s-success-1.17307550

Photo BY: KA Sports Photos