24708151896_ba6fdaabc8_c

ナショナルズが球団史上初のワールドチャンピオンに輝き、2019年の野球シーズンもいよいよ終了しました。いよいよストーブリーグが始まりますが、その前に今回はプレーオフに進出した10チームに関する興味深い記事を紹介したいと思います。その記事は104日にMLB公式サイトに公開された「Here's how the 10 postseason teams were builtという記事です。

 

記事の冒頭では、今季プレーオフに進んだ10チームのメンバーの入団形式の違いが示されています。例えば10チームの中で最も生え抜き選手が多いのはドジャースで、実に地区シリーズのロースター25人のうち15人の選手が生え抜きになっています。一方そのドジャースを破ったナショナルズはFAで加入した選手が9人で最多となっています。このような入団の経緯の視点から、10チームを見ていきます。

 

①アストロズ(74.7 WAR)

生え抜き選手:9

・ドラフト:6

・海外FA:3人

FA6

トレード:9

ウェイバー:1

*ウェイバーの解説記事はこちら

 

アストロズの特徴はバランスの良さです。下の表1は今季のWARが高い選手7人とその入団経緯をまとめたものです。ドラフト、トレード、FA、海外FAがバランス良く並んでいるのが一目瞭然です。

(表1)

選手名

入団経緯

ブレグマン

ドラフト

コール

トレード

スプリンガー

ドラフト

バーランダー

トレード

ブラントリー

FA

アルバレス

トレード

アルテューベ

海外FA

 

②ヤンキース

生え抜き選手:7

・ドラフト:4

・海外FA3

FA5

トレード:13

 

2000年前後は高額なFA選手を大量に獲得していたヤンキースですが、現在はたった5人と影が薄くなっています。その代わりに1番多い入団経緯はトレードになりました。過去2年でもボイトやメイビン、アーシェラを僅かな見返りで獲得して、彼らが主力級の活躍をしています。さらに生え抜きでは、ドラフトでジャッジを海外FAでセベリーノを輩出しています。

 

③ツインズ

生え抜き選手:13

・ドラフト:7

・海外FA5

・その他FA1

FA4

トレード:6

ウェイバー:2

 

ツインズ最大の特徴は、海外FA経由で獲得した選手が10チームで最多の5人いる点です。さらに彼らが合計で生み出した14.6WAR10チーム中トップで、質の高さも折り紙付きです。また今季はFAでクルーズ、ゴンザレス、スコープを獲得して、FAで加入した選手が増えました。

 

④アスレティックス

生え抜き選手:5

・ドラフト:5

FA4

トレード:15

ルール5:1

 

アスレティックスはトレード経由で獲得した選手が15人で、これは10チーム中2位の数字です。その中でも2014年にサマージャ(SF)をホワイトソックスに放出した見返りに、セミエン・バシット・フェグリーの3人を獲得したトレードは印象的です。一方ツインズとは対照的に、海外FAで獲得した選手は1人もいませんでした。

 

⑤レイズ

生え抜き選手:6

・ドラフト:4

・海外FA2

FA2

トレード:17

 

レイズはトレード経由で獲得した選手が17人で、前述のアスレティックスを上回り10チーム中最多です。特に昨年の夏のトレードで獲得したグラスノー・メドウズ・ファムが今季重要なピースになりました。また少数派の生え抜き・FAからも、スネルやモートン、キアマイアーといったチームに不可欠な選手を獲得しています。

 

⑥ドジャース

生え抜き選手:15

・ドラフト:10

・海外FA5

FA4

トレード:6

 

ドジャースの特徴は10チーム中最多15人を輩出した生え抜き選手の多さです。ベリンジャー、カーショーらを輩出したドジャースでは、今季もスミス、ラックス、メイ、ゴンソリンらがMLBデビューを果たしています。さらにトレードで獲得したマンシー、テイラー、ターナーらをトップ選手に育てるなど、獲得の経緯に関わらず優秀な育成力が見える結果となりました。

 

⑦ブレーブス

生え抜き選手:5

・ドラフト:2

・海外FA3

FA9

トレード:10

ウェイバー:1

 

ブレーブスは、生え抜き選手が5人と少なく見えます。しかしこの5人はフリーマン、アクーニャ、アルビース、ソロカ、テヘランで、彼らを合計するとチームのWARの半分近くになり人数以上のインパクトを与えています。

 

⑧カージナルス

生え抜き選手:12

・ドラフト:10

・海外FA2

FA4

トレード:7

ウェイバー:1

ルール5:1

 

カージナルスの特徴はドラフトで獲得した選手が10人と多い点です。これはドジャースと並び、10チーム中最多の数になっています。今季ブレイクしたフラハティやハドソン、エドマンらも全員ドラフト経由の選手です。生え抜き選手に強みがある一方で、FA経由で獲得した選手は4人で3.4WARで若干物足りなさが残ります。

 

⑨ナショナルズ

生え抜き選手:8

・ドラフト:6

・海外FA2

FA9

トレード:8

 

ナショナルズもアストロズ同様バランスの良さが際立ちます。下の表2は今季のWARが高い選手7人とその入団経緯をまとめたものです。ナショナルズもドラフト、トレード、FA、海外FAがバランス良く並んでいるのが分かります。

(表2)

選手名

入団経緯

レンドン

ドラフト

シャーザー

FA

ストラスバーグ

ドラフト

ソト

海外FA

コービン

FA

ターナー

トレード

ケンドリック

FA

 

⑩ブルワーズ

生え抜き選手:7

・ドラフト:6

・海外FA1

FA8

トレード:8

ウェイバー:2

 

ブルワーズも各部門で満遍なく成功を収めています。ドラフトではヒウラ、FAではケイン、そしてトレードではイエリッチの獲得に成功しています。またドラフトでは11巡目だったウッドラフや、ジャイアンツで防御率5.68だったポメランツなどチーム加入後に成績が伸びた選手が多いのも特徴です。

 

参考:https://www.mlb.com/news/how-the-2019-postseason-teams-were-built?t=mlb-pipeline-coverage

Photo BY: Jon Dawson