16876217861_a842e83b0a_c

MLB
のオーナー対選手会の長く続いた対立に進展がありましたので、その内容についてまとめておきます。

 

MLB機構のマンフレッドコミッショナーは先日「今季MLBが開催されるかについて自信がない」とまさかの弱気発言をして猛烈な批判を浴びました。というのもその5日ほど前にマンフレッドコミッショナー自身が「今季MLB100%あるよ!」と言っていたので、発言の二転三転ぶりが問題視されたからでした。

 

さすがにコミッショナーもこれはまずいと思ったのか、日本時間の昨日深夜から早朝の時間帯に選手会側の交渉担当であるトニー・クラークと直接話し合うためにフェニックスに行ったようです(オンライン会議じゃ駄目だったのですね・・)

 

2人の会談の結果MLB7月末に開幕するという大筋の部分では合意したようです。ただし今回の会談でも試合数やプレーオフの実施時期に関しては、まとまらずここから細部を詰めていくと見られます。

 

主に今回の会談で話し合われた事は以下の通りです。

719日にMLB開幕

・シーズン終了は927

・開幕から71日間で60試合を実施する

・オーナーは60試合分の年俸を選手に支払う

PO進出チームは10から16へ増加

 

MLB機構としてはパンデミックの第2波が到来するケースを想定して、ワールドシリーズを10月末までに終わらせたいと考えているようです。これは第2波の到来で、ワールドシリーズが実施できないような事態が発生した場合9億ドルの放映権収入を失いたくないという思惑があります。

 

またTV局側も他スポーツとの絡みがあるのかMLBのワールドシリーズが11月以降に行われるのは望んでいないようです。ただ選手達としては1試合でも多く試合を行いたいという希望があります。その中で今回オーナー側は実施した試合の数に応じた年俸を支払うという部分に関してようやく譲歩しました。

 

おそらくですが、今後は10月末までにワールドシリーズを終わらせたいMLB機構側と1試合でも多く行いたいMLB選手会側で試合数の細かい調整を行うのではないかと見られます。何はともあれMLBが開幕に向けて少しずつ動き出したのは良かったです。

 

参考:MLB, players make progress to play in 2020, but can't agree on length of season

Photo BYLorie Shaull