8737534762_cefc0cc671_z

①アメリカ時間の527日インディアンスとアストロズはシリーズ最終戦を戦います。両チームの先発はそれぞれ、トレバー・バウアーとゲリット・コールです。今季はお互い好調で、オールスターゲーム出場も視野に入っていますが実は2人は大学時代に同じUCLAのチームメイトだったのです。
 

2人は2011年のドラフトで指名されますが、コールが全体1位でバウアーが全体3位に指名されています。今年のドラフトでも、フロリダ大学のブレイディ・シンガーとジャクソン・カワーがドラフト1巡目候補と言われています。しかし全体1位と3位が揃っていたUCLAには見劣りしてしまいます。
 

③コールとバウアーは投球スタイルや性格など共通点はほとんどありません。それどころか2人の大学時代の相性は悪かったそうです。しかし2人はUCLAを優勝させるという共通の目的を持っていました。しかし残念ながら、2人を擁したUCLAは大学No.1の座には届きませんでした。
 

④先日バウアーがTwitter上で不正をしている投手がたくさんいる旨の発言をしました。さらにそれがアストロズを意図しているのではと疑われています。それもあって今回は2人の対決だけでなく、バウアーvsアストロズの構図もあり目が離せません。


⑤そんなバウアーはシリーズ開幕前に、インタビュー(
https://bastian.mlblogs.com/were-intertwined-forever-trevor-bauer-talks-gerrit-cole-and-a-matchup-years-in-the-making-8763959728ea)を受けています。今回はその一部を抜粋して、紹介したいと思います。今回紹介する記事はバウアーが所属しているインディアンスのMLB.comのレポーターを務めるジョーダン・バスティアンさんが書いている記事です。バウアー自身もTwitter上で、いい記事だと紹介していました。




Q
「コールとあなた(バウアー)の間には様々なことがあったと言われています。日曜日に彼と投げ合うことを楽しみにしていますか?」

AUSATODAYが、僕達2人の関係について書いた記事を読んだよ。だけど現在僕とコールの間には、何の問題もないよ。

僕達はUCLA時代に、睨み合う関係だった。なぜなら大学1年の時に、コールが僕に"野球界にお前の未来は無い。"と言ってさらに僕の練習態度を侮辱したからだ。だけど今コールが成功している様子を見るのは、とてもクールだ。彼はとても努力していて、メカニクスや球種のレパートリーを変えたりしている。その結果彼は素晴らしい成功を収めているね。

僕達がそれぞれお互いのことをどう思っているにしても、僕とコールは永遠に切り離せない存在だと言えると思う。

同じ大学に所属していたチームメイトが、こんなに高順位で指名されている例を僕は他に知らない。僕らはUCLAの歴史的なチームの一員であり、歴史的なドラフトの一部なんだ。

彼が今季健康に過ごしていることも嬉しいね。彼がキャリアで、故障に苦しんできたことは僕も知っているから。誰かが怪我をしている様子を見るのは決して楽しくないからね。



Q
「メディアがコールとあなたの関係を、実際以上に悪く書いていると思いますか?」

A「今年コールとUCLAの卒業生の為の試合で色々な話をしたよ。とても楽しかったし、敵意なんて感じなかった。

だからメディアが実際以上に悪く書いているのは事実だと思う。面白おかしく書いた方が論争を呼び起こしやすくなるし、クリックされる回数も多くなるからね。

スポーツイラストレイテッド誌が、回転数に関しての僕のツイートをコールと僕との個人的な問題に結びつけようとしていたことは知っているよ。

(バウアーがそう指摘している記事は

①コールとバウアーの関係はとても悪い。

②コールがアストロズに移籍した今季、速球の回転数が多くなり好成績を残している。

以上からバウアーがコールに嫉妬したことが、バウアーがツイートしたと予想して文章を締めている。)

⑧実は2011年のUCLA野球チームの先発ローテーションには、現在インディアンスに所属しているアダム・プルツコが1年生ながら入っていました。今回のシリーズでは、同じUCLAの2011年の先発ローテーション3人が揃い踏みしたことになります。

⑨今回のインタビューは長く、バウアーとコールの関係にのみフォーカスを当てる形で抜粋して紹介しました。 プルツコとの関係などもバウアーは語っているので、時間のある方は読んでみてください。


Photo By Erik Drost