5648028539_1da2c502b0_z
今週の現地月曜日から3日間MLBのドラフトが開催されました。その中で上手く選手を集められたチームと戦略が機能せず期待外れに終わったチームもあります。その中で今回はドラフトの勝ち組となったチームを5つ紹介したいと思います。

今回参考にしたのは、MLB.comのジム・キャリスさんが執筆した(https://www.mlb.com/news/these-teams-did-the-best-in-the-mlb-draft/c-280160484)です。

 

キャリスさんの詳しい分析でドラフトの“現時点での勝ち組を見ていきましょう。勝ち組に選ばれたのは、レイズ、ロイヤルズ、Dバックス、インディアンス、アスレチックスの5つです。順番に見ていきます。

 

(1)レイズ

①レイズの主な指名選手()内はドラフト前のMLB.comによるランキングの順位

 

全体16位マシュー・リベラトーレ(4)

全体31位シェーン・マクラナハン(14)

全体32位ニック・シュネル(38)

全体56位タイラー・フランク(73)

全体71位タナー・ダドソン(86)
全体92位フォード・プロクター(123)

全体120位グラント・ウィザースプーン(107)

全体150位ター・ブラッドリー(172)

 

②レイズのドラフトに対する評価

1番の収穫は文句なしに、リベラトーレとマクラナハンの2人の左腕を獲得できたことです。リベラトーレはドラフト前最後のモックドラフトで多くの識者がTOP10は確実と予想していた逸材。高校生ながら完成度が高く4球種を高いレベルで操る。

マクラナハンは春のリーグ戦で制球力の悪化があり評判を落としていました。しかし元々は最速100マイルの速球を持っている左腕でTOP10候補の呼び声が高い選手でした。シュネルも評価の高い高校生外野手であり、ここも良い指名でした。それ以降は契約金の問題もあって順位よりランキングが低い選手を中心に上手く帳尻を合わせました。

 

(2)ロイヤルズ

①ロイヤルズの主な指名選手

全体18位ブレイディ・シンガー(2)

全体33位ジャクソン・カウワー(15)

全体34位ダニエル・リンチ(77)

全体40位クリス・ブビック(49)

全体58位ジョナサン・ボウラン(113)

全体94位カイル・イスベル(75)

全体122位エリック・コール(184)

全体152位オースティン・コックス(151)

 

②ロイヤルズのドラフトに対する評価

ロイヤルズは上位指名8人中実に6人が大学生の投手という非常に分かりやすい指名をしました。実際にロイヤルズの現状のマイナーは野手が多いなという印象があるので、これはいい戦略だと思います。特に光ったのがシンガーとカウワーのフロリダ大学コンビを指名できたことです。彼らはランキングを見れば分かりますが、もっと上で指名されて当然の存在でした。それ以下でも上手く大学の投手を集めました。個人的にはレイズより良いドラフトだったと思います。

 

(3)Dバックス

Dバックスの主な指名選手

全体25位マット・マクレイン(54)

全体39位ジェイク・マッカーシー(39)

全体63位アレク・トーマス(41)

全体99位ジャクソン・ゴダード(108)

全体129位ライアン・ウェイス(159)

全体159位マット・マーサー(105)

 

Dバックスのドラフトに対する評価

Dバックスは超大物を予想外の順位で獲得に成功したわけではありません。しかし上から3つの指名権を使ってセンターラインの選手を獲得。センターラインの選手の価値はとても高いですから、これは大きいと思います。残りで大学生投手を上手く指名したのもポイントが高いです。



 

(4)インディアンス

①インディアンスの主な指名選手

全体29位ノア・ネイラー(27)

全体35位イーサン・ハンキンス(21)

全体41位レニー・トーレス(47)

全体67位ニック・サンドリン(164)

全体103位リチャード・パラシオス(134)

 

②インディアンスのドラフトに対する評価

上位3つの指名権を上手く使い、高校生の評価の高い選手を掻き集めました。ネイラーは打てる捕手になれる逸材。ハンキンスとトーレスは90マイル代後半の速球を投げられる。残りの2つで契約金を抑えられそうな大学生を指名していて、サインできない可能性も低そうです。指名した高校生が全員MLBで活躍するようなことがあれば、歴史的な成功と言えるかもしれません。

 

(5)アスレチックス

①アスレチックスの主な指名選手

全体9位カイラー・マレー(36)

全体50位ジェイムソン・ハンナ(32)

全体70位ジェレミー・アイアマン(29)

全体85位ホーガン・ハリス(110)

全体113位アルフォンソ・リバス(132)

 

②アスレチックスのドラフトに対する評価

全体9位でマレーを指名したのは大きな驚きでした。しかしマレーは身体能力の塊であり、才能が完全に開花すれば間違いなくオールスター級の選手です。さらに今季良いパフォーマンスを見せるハンナを指名。アイアマンのスティールに成功したのもポイントが高い。マレーとは契約が近いそうです。

以上今回のドラフトで評価の高いチームを紹介してきました。個人的にはツインズのドラフトも良かったかなと思います。読者の皆さんも贔屓チームのドラフトの結果を振り返ってみてください。最後に大学生の成績チェックに役立つサイトを紹介しておきます。

Baseball Cubeというサイトです。このサイトを使えば大学生の成績が簡単にできます。是非活用してみてください。(http://www.thebaseballcube.com)


Photo By
https://goo.gl/NCQQec