36306090902_1f16b59641_z
どうもこんばんは。

それでは今日もMLBの全試合を簡単に振り返っていきましょう。

 

(1)タイガースvsレッズ

タイガースが4回までに、ジェイマー・キャンデラリオとニコ・グッドラムのHR2点をリードする。

しかし6回裏に、スクーター・ジェネットの2ランHRとエウヘニオ・スアレスのHRでレッズが逆転。その後も両者1点ずつを奪い合い、レッズが勝利した。

レッズ先発のタイラー・マーリーは非常に注目の選手です。チームが弱いこともあり、取り上げられることは少ないですが今季ローテを守り切っていて6月は防御率1.10と好調。兄もエンゼルスでプレイしている投手です。気になった方は1度投球を見ることをオススメします。

 

(2)ブレーブスvsブルージェイズ

ブルージェイズは初回に、今日35歳の誕生日を迎えたケンドリス・モラレスがHRを放ち2点を先制。

ブレーブスもカート・スズキとピーター・ボージャスのHRで追い付くが、4回以降にランダル・グリチックやヤンガービス・ソラーテにタイムリーが出てジェイズが勝利。

ブレーブスは9回に1点差まで迫ったが、及ばず。先発のアニバル・サンチェスは今季初黒星。ブルージェイズの先発JA・ハップは完投こそ逃したが、8.14失点でブルペンを休ませた。

モラレスが誕生日でHRを打つのは、実に4回目。

 

(3)ドジャースvsカブス

カブスは好調のドジャース先発ロス・ストリップリングからカイル・シュワーバーの2試合連続弾等で3点を奪う。投げても先発のジョン・レスターがバックの守備に助けられながらも7.0回無失点の好投で今季9勝目をゲットした。

今日はカブスのジェイソン・ヘイワードの好守が光った。


 

(4)ホワイトソックスvsインディアンス

インディアンス先発のコリー・クルーバーはいつものように安定感のあるピッチングで、71安打無失点。

打線も大量12点を奪いインディアンスが圧勝。

ホセ・ラミレスはマイク・トラウトに迫る22HRを記録。ヨンダー・アロンソも3安打を記録している。

ホワイトソックスは打線が2安打に抑えられた。


 

(5)カージナルスvsフィリーズ

1点を奪い合った4回の裏に、フィリーズがセザー・ヘルナンデスの2ランHRで勝ち越し。

6回にヤディアー・モリーナの今日2本目のHRでカージナルスが追い付く。7回裏に、オデュベル・ヘレーラが4試合連続のHRを打ってフィリーズが勝利を収めた。

カージナルスの先発投手マイケル・ワカは背中を痛めて3.2回で降板。現地木曜日にMRI検査を受けることになった。

 

(6)アスレチックスvsパドレス

アスレチックスがフランクリン・バレット、ジョシュ・フェグリー、マーク・カンハ、マット・オルソン、ジェド・ラウリーの5本のHRで圧勝。

パドレス先発のルーキージョーイ・ルケッシは、DLから復帰したが1.2回でノックアウトされた。

アスレチックスの先発フランキー・モンタスは防御率2.41と好投している。

 

(7)マーリンズvsジャイアンツ

1点をリードされたジャイアンツは、6回裏に打線が繋がりブランドン・ベルトやハンター・ペンスのタイムリーで一挙5点を挙げる。

8回にもペンスの今日2本目のタイムリーで追加点を奪い、9回のマーリンズの反撃を凌ぎ切って勝利。

マーリンズの先発ホセ・ウレーニャはナ・リーグ単独で最多となる9敗目を喫した。

 

 (8)オリオールズvsナショナルズ

オリオールズは2回にマーク・トランボがナショナルズ先発ジオ・ゴンザレスから2ランを打って先制に成功。

6回にもダニー・バレンシアの犠牲フライで1点を追加。

ナショナルズは打線が5安打と打てず、ゴンザレスを援護できなかった。

主砲ブライス・ハーパーは最近30試合でOPS.634 K%38%と苦戦している。

 

(9)マリナーズvsヤンキース

マリナーズはヤンキース先発ジョナサン・ロアイシーガを攻めてノックアウトするなど、5回表終了時点で5点をリード。

しかしその後はヤンキースが徐々に追い上げて、8回にゲイリー・サンチェスのHRで追い付く。

そして9回にはジャンカルロ・スタントンのサヨナラHRが飛び出して、劇的な逆転勝利を収めた。スタントンは移籍後初のサヨナラHRとなった。


 

(10)レッドソックスvsツインズ

ツインズはロビー・グロスマンのHRとマックス・ケプラーのHR3点を奪う。先発のランス・リンは5.0回を2三振5四球と苦しみながらも5勝目を得た。

レッドソックス先発のデビッド・プライスは連勝記録が4で止まった。

 

(11)レイズvsアストロズ

同点の6回にアストロズが、ジョージ・スプリンガー、アレックス・ブレグマン、ホセ・アルテューベの3者連続HRで勝ち越して逃げ切った。

アルテューベは今日HR2本放っている。

先発のチャーリー・モートンは61失点で9勝目。


 

(12)レンジャーズvsロイヤルズ

レンジャーズは初回にノマー・マザーラの犠牲フライで先制。6回にはルーネル・オドーアの今季第2号で、追加点を挙げる。

先発のオースティン・ビベンスダークスは今季初勝利をゲット。

レンジャーズはこれで、今季初の5連勝を達成した。一方のロイヤルズは9連敗と苦しんでいる。

 

(13)メッツvsロッキーズ

4点を取り合って迎えた3回に、ロッキーズはヘラルド・パーラとトム・マーフィーのタイムリーで2点を勝ち越し。

その後メッツが逆転するが、5回裏にライアン・マクメーンのHRで再び勝ち越し。

6回にチャーリー・ブラックモンのHRが飛び出して勝負を決定つけた。

Photo By
https://goo.gl/ZAg2Eo