MLBの読み物

MLB(メジャーリーグ)の少しマニアックな情報を発信するサイトです。

カテゴリ: 翻訳記事

8690110263_f6600f8c1f_z

今夏ヤンキースは、夏のトレード期限で噂された先発投手の獲得に踏み切らなかった。ロビー・レイ(ARI)やノア・シンダーガード(NYM)獲得の噂が立ちながら、彼らがトレード期限最終日に行ったトレードはマイナーリーガーをロッキーズから獲得したものだけだった。その事で彼らは批判を受けたが、蓋をあけるとその後3014敗で地区優勝は目前だ。

 

そんな彼らだが、監督のアーロン・ブーンは10月のポストシーズンの先発ローテーションについてこんな発言をしている。

「少し従来のやり方とは異なる起用を考えている。従来の先発投手として起用するのはジェームス・パクストンだけだ。」

 

ここでいう"従来のやり方"とは、先発投手に可能な限り長いイニングを投げてもらう方法を意味する。実際にナショナルズやアストロズはこの方法で今回もPOに臨もうとしているが、HRが増え続けて強打者が増える一方の現状では相手打線に抵抗出来る先発投手を用意出来るチームはほとんどない。

 

ここで読者の皆さんはこんな反論を思い付くだろう。「去年レッドソックスは強力な先発投手陣を擁してワールドチャンピオンに輝いたではないか?」と。この意見は正しくもあり間違ってもある。

 

去年のプレーオフでレッドソックスは14試合を戦ったが、彼らの先発投手で相手打線を3巡抑えた投手は何人いただろうか?

 

答えは0だ。

 

昨年レッドソックスは、プレーオフ全シリーズを通じて27人の打者(打者3)と対戦した先発投手が1人もいない形でワールドシリーズを制覇した初めてのチームになった。

 

因みに2010年のワールドチャンピオンカージナルスは、10試合で先発投手が27人以上(打者3)対戦していた。

 

このように野球が変化している背景には、投手は3巡目に入ると打たれやすい傾向がある事が分かってきたからだ。

 

実際に今季MLBの先発投手は打者3巡目に入ると、長打率.471とかなり打たれている。またヤンキースの先発投手も打者3巡目には、OPS.920と滅多打ちに遭っている。

 

そう考えると、ヤンキースが彼らの先発投手を引っ張らないのは合理的であるだろう。それでは実際に地区シリーズを念頭に彼らの先発投手の起用方法をシュミレーションしてみよう。

 

Game 1 ジェームス・パクストン

カーブを増やして好調のパクストンは現在9連勝中である。しかし彼も打者3巡目には被OPS.897と打たれているので、ブーン監督が彼を引っ張る可能性は低い。

 

Game 2 ルイス・セベリーノ&JA・ハップ

セベリーノは今日復帰したが、怪我明けだけに起用は慎重になるだろう。

 

Game 3 CC・サバシア&ドミンゴ・ヘルマン

Game 2と同様 豪腕&技巧派、右腕&左腕と両極端なタイプの併用は相手打線にとって厄介な存在になるだろう。

 

Game 4 田中将大&JA・ハップ

Game 5 パクストン

 

ヤンキースブルペンは強力で、PO5試合の間に2日間休みがある事を考えると先発投手を2人使わずにいきなりブルペンに出番が回る可能性も十分ある事は付記しておきたい。

 

ヤンキースブルペンが強力な根拠として、勝ちパターンのトミー・ケーンリー、アダム・オッタビーノ、ザック・ブリットン、アロルディス・チャップマンが全員投げた試合で彼らは24勝負けなしという事実が挙げられる。またその他のリリーバーも含めて、ヤンキースの選手は柔軟な起用に慣れている。その事もヤンキースの秘策を後押ししていると言える。

 

ここまで見てきましたように、大胆な秘策に出るヤンキースの今季のプレーオフでの戦いが早くも楽しみです!

 

参考:http://go.si.com/RDREu1J

Photo BY: Dale Cruse

12141574294_4914ce8c58_z

ここ2MLBではFA市場が停滞傾向にあります。昨年オフもブライス・ハーパー(PHI)等の大物ですら契約が遅れました。このようにFA市場が下火なのは否めませんが、チームの戦力を大幅に向上させる選手を獲得する手っ取り早い方法なのも事実です。そこで今回は昨年のFA選手の契約を今季の活躍と照らしてランク付けした記事を紹介します。

 

11位 ザック・ブリットン(NYY)

契約額3$39M

ブリットンは三振こそ少ないですが、ヤンキースの勝ちパターンの一角として主に8回で起用されています。8月は防御率0.93とほぼ完璧で、プレーオフでの活躍も期待されます。

 

10位 アダム・オッタビーノ(NYY)

契約額3$27M

オッタビーノは昨年ロッキーズでブレイク。今季は地元のヤンキースと契約しましたが、期待以上の活躍です。BB/9の高さこそ気になりますが、イニング数を大幅に上回る三振奪取能力は健在です。fWARでもブリットンらを差し置いて、ヤンキースのリリーフ陣ではアロルディス・チャップマンに次ぐ数字を記録しています。

 

9位 ランス・リン(TEX)

契約額3$30M

リンは昨年後半から復調していました。今季は打者天国を本拠地にするTEXへ移籍しましたが、K/9BB/9共に自己ベストを更新。防御率は若干高いですが、fWARはアストロズ勢等を差し置いて両リーグの先発投手で1位となっています(FIPも両リーグ6)TEXの前半戦の快進撃を左のエースマイク・マイナーと共に支えました。

 

8位 ジョシュ・ドナルドソン(ATL)

契約額1$23M

2016年のMVPが完全復活。後半戦はNL4位の14HR10位のwRC+1504位のfWAR1.8と絶好調で、フレディ・フリーマンと共にブレーブスの強力打線の中軸として素晴らしい活躍をしています。オフにFAとなりますが、どんな条件をゲットするかも気になります。

 

7AJ・ポロック(LAD)

契約額4$55M

地区のライバルARIから加入したのがポロックです。今季も故障で長期離脱を経験しましたが、復帰後のOPS.913と復調の気配は充分です。この契約の成否を左右するであろうポストシーズンでの活躍に期待です。

 

(参考)ポロックに関しては昨日取り上げたドジャースの最新打撃練習の記事でも触れていますので、こちらもお読みください。

 

6位 マニー・マチャド(SD)

契約額10$300M

超大型契約となりましたが、今季の成績はキャリア平均を若干下回ります。それでも30HR超えは確定的で、超有望株フェルナンド・タティスJrの兄貴分存在としても頼りにされており契約の価値は充分有ると思います。来季以降本格的な勝負モードに入ると予想されるチームでどれだけ活躍出来るかが鍵になりそうです。

 

5位 チャーリー・モートン(TB)

契約額2$30M

先日のアストロズ戦では打ち込まれましたが、昨年サイ・ヤング賞受賞者のブレイク・スネルの長期離脱もあったレイズの先発ローテを支えています。防御率3.11はリーグ4位、三振数201はリーグ8位と好調を維持しており、今季レイズがWCPOに進めば、1番手を務めるのが有力です。エース級の投手をこれだけの値段で獲得出来たのはお買い得と言えるでしょう。

 

4位 ブライス・ハーパー(PHI)

契約額13$330M

FA市場で史上最高額の契約額を結んだハーパーでしたが、今季の成績は可もなく不可もなしな感じです。ただしOPSが前半戦から後半戦にかけて、.839から.936へと97ポイントも上がっており復調の兆しはあります。今季フィリーズがPOに出れるかは微妙ですが、来季以降の大爆発にも期待したいです。

 

3位 マイケル・ブラントリー(HOU)

契約額2$32M

元々コンタクト能力には定評がありましたが、故障がネックな選手でした。HOUへ移籍した今季は故障もなく健康に過ごしており、キャリアベストの打率OPSを残しそうです。長打も増えており昨年オフ最高の契約の1つに含めて良いはずです。

 

2DJ・ルメイヒュー(NYY)

契約額2$24M

昨年オフにこの契約が発表された際には内野のデプスを厚くするための補強だと考えられていました。実際に今季のルメイヒューは内野3ポジションで30試合以上に出ています。しかし最大のサプライズは長打が増加した事でしょう。今季のHR数は既に2017年と2018年の合計に達しています。MVP投票でどれくらい得票するかも楽しみです。

 

1位 パトリック・コービン(WSH)

契約額6$140M

唯一6年の契約期間を提示したWSHが獲得したのがコービンです。今季はその期待に応える活躍振りで、マックス・シャーザー、スティーブン・ストラスバーグと共に強力な先発陣を形成しています。後半戦に調子を上げているWSHPO進出が濃厚ですが、コービンも含めた強力ローテがチーム初の地区シリーズ突破を助ける可能性は大いにあると思います。

 

いかがだったでしょうか。シーズン途中に契約したダラス・カイケルとクレイグ・キンブレルは選外になりました。やはり開幕前に契約する方が選手球団双方にとって良い面は多いのかもしれません。また近日今季オフのFA市場・トレード市場に関する記事も投稿予定です。そちらもお楽しみに!

 

参考:Ranking this season's top free-agent signings

 

Photo BY Scott Ableman

30013904350_7aa9087f58_z

様々な最新のテクノロジーが導入されている最近のMLBですが、今回はドジャースの新たな試みを紹介したいと思います。

 

ドジャースでは今季から打撃練習用にVRの機器を導入しています。これは選手がVR用のヘッドセットを着けると、全てのMLBの投手のリリースポイント・球速・ボールの変化等を見る事が出来る機器です。また背景も全てのMLBの球場に対応しています。

 

この機器は、かつてマイナーリーグで捕手をしていたクリス・オダウド氏が父親で前ロッキーズGMであるダウ・オダウド氏と共に設立したWIN Realityという会社が提供しています。ドジャースの他にも9チームほどが活用しているようです。

 

現状この装置は、ドジャースの選手の打撃練習の中心的存在というより補助的な扱いで使われています。チーム内でもコリー・シーガーやAJ・ポロックはかなり好んで利用しているようですが、一切利用していない選手もいます。また特定の投手のビデオだけ見るという使い方をする選手もいます。

 

また必ずしもこの"VR打撃練習装置"が万能かというとそうでもないようです。例えば主力のジャスティン・ターナーは4回利用しましたが、いずれの試合もノーヒットに終わっています。

 

ベテラン捕手のラッセル・マーティンはこの最新装置のポテンシャルの高さを認めつつも、あくまでビデオであり本物のボールを見るのとは別物である点を指摘しています。

 

しかしシーズン序盤に長期離脱を強いられたシーガーとポロックは、離脱期間にVRでの映像を見る事で、ボールを見る感覚を維持していたようで有用な面が多いのも間違いないでしょう。

 

また今季MLBデビューを果たしチームに貢献している新人マット・ビーティのエピソードを紹介しましょう。現地529日ドジャースはメッツと対戦しました。メッツの先発は球界屈指の剛腕であるノア・シンダーガードでした。ビーティはその日以前にシンダーガードとの対戦経験がありましたが、試合前にVRを使い打撃練習でシンダーガード対策をしていました。その結果試合では第1打席でタイムリーツーベース、第2打席でもシングルヒットを放ちました。まさにVR機器を上手く利用できた例と言えるでしょう。

 

2年連続でワールドシリーズで敗れているドジャースですが、今季こそはVR機器の力も借りて悲願となるワールドチャンピオンに輝けるか注目していきたいと思います。

 

参考:Virtual reality batting practice head-set is Dodgers’ real-life preparation tool

https://www.latimes.com/sports/dodgers/story/2019-08-22/virtual-reality-batting-goggles-headset-dodgers-baseball-chris-dan-odowd

 

今回はLos Angeles Timesの記事を参考に作成しましたが、有料サイトであるThe Athletic でも5月にドジャースのVR機器導入についての記事が掲載されていますので、リンクを貼っておきます(リンク先は会員限定で公開されています。ご注意ください)

 

Photo BY: Arturo Pardavila III

36727158531_f3871252be_z

どうもこんばんは。
今日は大きなトレードがありました。それを中心に今日のトレードを振り返ります。

 

730

CLE獲得

ヤシエル・プイグ(OFMLB)

フランミル・レイエス(OFMLB)

ローガン・アレン(LHPAAA)

ビクター・ノバ(IF/OFRk)

スコット・モス(LHPAA)

CIN獲得

トレバー・バウアー(RHPMLB)

SD獲得

テイラー・トランメル(OFAA)

 

CLEの視点

インディアンスはチーム総得点と総HRがリーグ10位と打線の底上げが急務でした。投手陣は今季も安定しており、打線さえ上がってくれば地区優勝も十分狙える状況です。そこにパワーが自慢のプイグとレイエスを獲得できたのは非常に大きいと思います。

一方で気になるのがバウアー放出で投手力の弱体化でしょう。しかしこちらも私は楽観的に捉えています。投手陣は全体で現在FIPがリーグ2位、K%がリーグ4位と強力です。さらに特筆すべきはこの数字を昨年までの主力だったクルーバー、クレビンジャー、カラスコが長期離脱しながら達成している点です。さらに実力派のダニー・サラザーもリハビリ登板を始めており、彼らが戻ってくれば投手陣へのダメージはかなり抑えられるのではないでしょうか。そう考えれば投手陣へのマイナスより野手陣へのプラスが勝ると思います。

さらにプロスペクトを一切放出しなかった点も含めてかなり良いトレードだと思います。ただしプイグは今季オフにFA、レイエスはDHが最適ポジションで他の若手の将来は読めない点を考慮すると仮にPO進出を逃すようなことがあれば多くの批判を受ける事は避けられないでしょう。

 

CINの視点

レッズは現時点でWCまで6.5ゲーム差と今季のPO進出は少し厳しい立場です。しかし来季までルイス・カスティーヨとソニー・グレイにバウアーが加わったローテは地区内トップクラスですし、今季は昨年打線を支えたスクーター・ジェネットも精彩を欠いている事を考慮すると来季は地区本命になる展開も充分あり得そうです。放出したトランメルは良い選手ですが、今季は停滞感もあるのでバリューが下がった後に放出するよりはここで出すというのは大いにアリだと思います。またプイグに関しても最近はようやくエンジンがかかって来たのか好調ですが、今季の勝負を諦めるならFA保障でドラフト指名権貰うよりバウアーを獲得した方が合理的だと思うのでこちらも理に適っていると感じます。

懸念すべき事項としては、バウアーが成績低下→価値の低下→チームも低迷という負のスパイラルに陥ることでしょうか。ただここ数年のバウアーを見ているとこれは余計なお世話かなとも思います。

 

SDの視点

恐らく多くのファンは、今季既に27HRを放っているフランミル・レイエスとデビュー済みのローガン・アレンを出してトランメルしか獲得できなかった事に驚いたと思います(私もそうです)。ただファンでもない私がパドレスを批判するのもお門違いですし、本稿ではこのトレードをポジティブに見てパドレスの狙いを考えたいと思います。

確かにトランメルは今季若干伸び悩みを感じますが、まだ21歳でAAでプレイしている時点で早熟ですしここから優れた選手になる可能性はかなり高いと思います。去年のフューチャーズゲームでHRを放つなどスター性も十分で、近い将来パドレスに貢献できるでしょう。

一方レイエスはパワーに特化した選手で、守備は今季のDRS-9と悪く走塁面での貢献もほぼ期待できません。昨今のHR激増状態では、HRを打てるだけでは他の選手との差別化が難しいと言えます。昨年アストロズでチーム内2位のHRを記録したエバン・ギャティスが未だにFA状態というのはそれを象徴しています。

さらにアレンもMLBデビューは飾りましたが、実力的には微妙な感じがありMLB定着には疑問符がつきます。パドレスは投手にも有望株を多く抱えていますから、アレンに十分な出場機会を保証することも簡単ではないでしょう。この状況でマイナーで待機させる事は、本人にとってもチームにとっても不幸な結果につながる可能性が大です。そう考えれば2人の価値は今がピークになる可能性も十分ある訳で、将来チームでの立場を保証できない2人に変えてレッズのトッププロスペクトを取ってくるのは賢い動きにも思えてきます。

 

ATL獲得

クリス・マーティン(RHPMLB)

TEX獲得

コルビー・アラード(LHPAAA)

 

ATLの視点

ATLはブルペンが明確に弱く、FIPNL12位、BB/9NL最下位と中々の崩壊具合です。今日の試合も暫定クローザーのルーク・ジャクソンが1回3失点と今年のブルペンの弱さを象徴していました。そんなチーム状況を考慮すると、今季ここまでBB/9 0.95K/BB 10.75のマーティンは適任者と言えるはずで良い補強だと思います。

 

TEXの視点

今季キャリアベストのシーズンを過ごしていて、FAQOを出す可能性が限りなく低い選手と引き換えに有望株を獲得したのは悪くない印象です。ただしアラードは速球の球速がかなり遅いので、打者天国を本拠地にするレンジャーズでどれだけ活躍できるかは未知数ですが。

Photo BY Erik Drost  

48301376767_bf1a0ec0a2_z

オールスターも終わり、MLBは夏の一大イベントトレード期限を迎えます。今季からトレード期限が7月に一本化された事で、各チームが慎重に動いていることもあるのか例年以上に動きはゆっくりだと言えます。そこで今回は今年のトレードデッドラインの各トレードについて簡潔に紹介していきたいと思います。

 

729

フィリーズ獲得:ジェイソン・バルガス(LHPMLB)

メッツ獲得:オースティン・ボサート(CAA)

 

フィリーズの目的
バルガスは4月こそ防御率5.75で不調でしたが、5月以降は防御率3.53でシンダーガード、ウィーラー、マッツより良い数字をマーク。一方フィリーズはエースのノラが復調しましたが、ローテに入っているエフリンとベラスケスが直近6試合でそれぞれ防御率10.465.00と苦しんでいました。その意味で計算が立つバルガスの獲得はプラスに働くでしょう。メッツが獲得したボサートの今季の成績はOPS.638で盗塁阻止率は35%。フィリーズは正捕手JT・リアルミュートとの契約延長も十分ありそうなので、その場合は活躍の機会が限定されるマイナー上層の捕手を使ったトレードは良い選択だと思います。

 

メッツの目的
バルガスの来年のオプションのバイアウトが$2Mであり、こちらはフィリーズが負担します。週末に加入したマーカス・ストローマンは来年の年俸が上昇するはずで、今回浮いたお金をストローマンに回す事を想定した動きだと思います。

 

ブルワーズ獲得:ジョーダン・ライルズ(RHPMLB)

パイレーツ獲得:コディ・ポンス(RHPAA)

 

ブルワーズの目的

ブルワーズはローテを支えてきたブランドン・ウッドラフやヨーリス・チャシーンが相次いで故障者リストに入り、先発投手が必要な状況でした。ライルズは今季先発した初めの8試合の防御率1.89に対し、その後の9試合の防御率は9.57とジキルとハイドの気分を味わうシーズンとなっています。ただしその期間のBABIP.400と滅多にお目にかかれないような数字であり、開幕時までとは行かなくともある程度の復調は期待できるはずです。

 

パイレーツの目的

獲得したポンスは今季FIP2.58K% 27.5%と三振を奪えるリリーフ投手であり、近い将来MLBでその姿が見られる可能性は十分あるでしょう。アンドリュー・マッカッチェンを放出して獲得したカイル・クリックのようにライルズで将来のブルペンの層を厚くできる選手を獲得できたと考えれば、決して悪くないトレードでしょう。

Photo BY Ian D'Andrea  

↑このページのトップヘ